2009年08月07日

職員の私生活

界隈のビール、とてもの美味しい「すじこのおにぎり」
のお店があります。他のお料理ももちろん、私の大好きな
「すっぱい生レモンサワー」も他店では叶いません。

そこで…今日はとても大切な出会いをさせていただきました。
今日の日に“感謝”していますハートたち(複数ハート)

ご主人が、お仕事柄留守がちと聞いていたA職員です。
いつも、さみしそうでしたバッド(下向き矢印)

A職員は、感性も人一倍豊か、ウルウルとご利用者さんの
心の痛みを語ってくれます黒ハート黒ハート
ご主人が一緒の居酒屋さんに来られていることは、
彼女から聞いておりましたが、1階?2階?3階?…
想像を巧みにしておりましたが、最初から、ビビット!
来ている方が居りました。

シャイな私は酔うまで話しかけられず、さー アタックパンチ

「○○さんですかひらめき

パンチビシーッ!! 的中です。

今となっては失礼がなかったかと心配なButohですが、
「はじめまして」のご挨拶に始まり、しばらくお話を
させていただきました?
そのお話から…
ご主人の大きな愛を感じられて、とても安堵感で一杯でした。

自分を大切にできなくて、自身の幸せを創れなくて、
どうして、人の幸せ作りのお手伝いができましょう…?

幸せとは、大きなものでなくてもいいのです。
人それぞれ…心の有りようかも知れません。

幸せに大小の比較はできないのです。

些細な幸にも、感謝すべき幸せと感じられず、
不満を抱いている方に度々出会います。

でも私達が、日々お付き合いいただいている高齢者
の方々は、苦労の時代を乗り越えて、些細なことにも
幸せを感じてくださる方々が多いように思います。

日常の出来事に感謝を共有しつつ、肩を触れ合い、
喜びを、悲しみを共有しつつ、共生と言う形が出来
上がるものと思います。

介護=支援⇒共生
と思います。

久々、今、職員の幸せを感じて “うれし−い”ですかわいい

介護ブログ 高齢者福祉・介護

にほんブログ村 介護ブログ 高齢者福祉・介護へ

posted by Butoh at 22:55 | Comment(0) | 社長Mutoh | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月25日

代表の苦しみ→喜び

当事業所「すまいる」開設以来、5年7ヶ月経ちました。

とても長い5年7ヶ月。
ご利用者の笑顔を頂きたくて無我夢中でやって来ました。

いろんなことがありました。

仕事柄、やはり一番大切なのは人材とチームワークです。
私はまれに見る不器用人間、成長が足りないのかも知れません。

人の言葉を真っ直ぐ受け止め、そのまま信用してしまいます。

しかし、自分も含め「みんなで…」と思っていても、私は代表、雇用側であります。

気付く時は既に遅し!職員の言葉には、様々な予想しない反発がありました。当然のことなのかもしれませんが…

事業拡大を目前に、それまで信用しきっていた職員が皆去っていかれたときの絶望は、言葉には表しようもなく、決して忘れることができないでしょう。

・・・・・・

時間が経ち、今、やっぱり私はそれでいいのです。

「人を信じられないよりも、信じる自分を大切にしたい」と決めました。

こう言えるのも、現在の職員あってこそ!なのです。

「笑顔を受け取ってください。

   痛みを分けてください。

      共に歩んで生きましょう。」


○○社長の私を理解してくれ、先頭になってくれるリーダーと、共に高め合ってくれる

職員のみんな、

心をこめて「ありがとう」


日々、頼もしくてわくわくしている毎日です。

「すまいる」は、すばらしい職員に恵まれ、未来に繋ぐ事業所です。

皆様、一度お出で下さい。大歓迎いたします黒ハート

介護ブログ 高齢者福祉・介護

にほんブログ村 介護ブログ 高齢者福祉・介護へ

posted by Butoh at 23:09 | Comment(0) | 社長Mutoh | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。