2009年06月29日

介護は、誇りの仕事です!

デイサービスの現場で頑張っていた頃の話です。


“気難しいおじいさん”朝のお迎え時、一分でも遅れようものなら雷

怒られます。

ご機嫌を損ねないように、職員精一杯の(不自然)の気遣いを

しながらご利用を頂いていました。


ある日、介護者の方とお話をする機会があり、「おじいちゃんは、

デイサービスに出かけるのが唯一の外出、前の日からとても楽しみにし

ているのよ」


ご家族のヒントで、

その方に急接近できました。こわごわ話しかけていたおじいちゃんが、

抱きついちゃうおじいちゃんに・・・急変です。


昨日まで怖い顔で叱られていたのに、一夜にして“いいこ、いいこ”

と頭をなでてくれるのです。

言葉なんてありませんでした。

私の心の中含め、そのままを全て受け止めてくださいました。


忘れられません。


「爪切りも、髭剃りも、お前さん一番上手だ」

今でも私のささやかな自信です。


突然の訃報にて、旅立たれて何年になられたでしょう。


「次回は私がミニスカートサンタになります」

「じゃあ、救急車を呼んでおいてくだされや」


見えなくなるまで振り返り手を振ってくださっている笑顔わーい(嬉しい顔)

を今でも忘れません。


突然の訃報にて、他界されたのは何年前でしょう。


訃報を聞いたときのショックは言うまでもありませんでしたが、

不思議と心は充実でした。


−精一杯の仕事をさせていただけた−と思えた 

ことです。


以来、介護の仕事は、

ご苦労を重ねてこられた方々の

フィナーレを、いかにたくさんの「笑顔」で飾らせていただけるか


と、達観しております。


突然の奇行、発言に首を傾げられることもしばしばですが、

過ぎた時間は巻き戻せません。


明日からも、一瞬一瞬を大切にパンチ

介護ブログ 高齢者福祉・介護

にほんブログ村 介護ブログ 高齢者福祉・介護へ

posted by Butoh at 00:10 | Comment(0) | 介護 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月26日

チョッ、ちょっと待って! No,「摘便」その前に

 
チョッ、ちょっと待ってexclamation

フロアーの前にただカウンターだけで仕切られた事務スペース。
ケアマネ1年生の私は、粛々とパソコンに向かっていました。

耳耳耳
?何か おかしい? …?

さっきから、「○○さん、摘便○量でしたぁ〜」何回目?

今日は確かに車椅子利用の方が多い。しかし…

雷と来たら、口に出さずにいられない。

「トイレに座って、本当に出るかいきんでもらったの?」

「…」鳩に豆鉄砲かバッド(下向き矢印)

想像を巧みにしてみる…お尻の穴に指を入れられ…ちっ(怒った顔)がく〜(落胆した顔)もうやだ〜(悲しい顔)


娘が小さい頃、保育園に行っておそそうをしないように、毎朝一緒に頑張ったケ、

座りやすいように、便座の上に子ども用の便座を置いて、足台を置いて…
「ママ、おなかモミモミしてぇ〜」

しゃがんで、娘の下っ腹に手を当てモミモミしながら、一緒に「んーッ!」


やってみましょうよ!

介護職はもちろん、看護師といえども専門職は、“摘便”ではありません。

いかに、ご利用者と息を合わせて“いきめる”かこそ、プロの技です。

そして、最終的に悲しからずや「摘便」“しかない”の見極めも有りなのでしょうが…

ちょっと待って、あなたなら どうよexclamation&question

『すまいる』でButohの「ちょっとまって!」は、時と場所を選べないのです

介護ブログ 高齢者福祉・介護

にほんブログ村 介護ブログ 高齢者福祉・介護へ

posted by Butoh at 21:03 | Comment(0) | 介護 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月21日

介護職員のみなさんへ

 毎日忙しく仕事に追われている皆さん、仕事は楽しいですか?
“うーん?”って考えちゃったあなた、ちょっと一息、提案です。

 ご利用者の腕の中に甘えさせてもらったことがありますか?

 是非、させてもらってみてくださいexclamation


 仕事に悩んでいるとき、プライベートで寂しいとき… 

言葉なんて要りません。
近くにひざまずいて、おばあちゃんの胸に頬をうずめて…

 おばあちゃんの手は、当たり前のように自然に肩を抱いてくれて、トントン「どうしたんだい?」

“ジーン!!”温かいんです。

何も言わなくていいのです。全て包んでくれます。
たとえ、認知症の方でも


悲しみも苦労も、みーんな乗り越えた大きさが伝わってきます。

「頑張らなくっちゃ!」って勇気をもらえますよハートたち(複数ハート)



お手伝いをさせていただいている私達ですが、頂くことも同じにたくさんあるはず。
と言うよりも、なければいけないのです。

ご利用者と職員と言えども、お互い様です。
人と人なんですもん。

位置情報これこそ、介護の始めの一歩と思っています。

 たくさんのご苦労を重ねられた手のひらの温かさを感じてみてくださいね。
 あなたの笑顔が、より優しくなりますようにかわいい

介護ブログ 高齢者福祉・介護

にほんブログ村 介護ブログ 高齢者福祉・介護へ

posted by Butoh at 22:31 | Comment(0) | 介護 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。