2010年03月01日

戦時中の「行きます」という挨拶の意味

 ご利用者様から、戦時中のお話は、今までにも機会あるごとに聞かせていただいております。
今日聞かせていただいたお話しを皆さんにもご紹介させてください。

皆さん、出かけるときには、「行って来ます」が当たり前の挨拶ですよね?

しかし、戦時中は「行きます・・・」という挨拶をしたそうです。

戦地へ出征するとき、
「行って来ます」と言ってはならなかったのだそうです。
帰ってくることなど考えず、「行きます」と家族に敬礼する姿。

出征される大切な夫を、息子を、兄弟を送る家族。

お母さんは、小さな子どもを背におぶりながら、涙が頬を伝っていたそうです。


私は、戦争を体験しておりません。
しかし、戦時下を生きてこられた皆様と、今、時間をご一緒させていただいております。

計り知れない皆様の、苦しみを、悲しみを、ご苦労を・・・
この貴重な、生の体験を聞かせていただくことができること
無駄にしてはならないのです。

お話を聞かせてくださる、おばあちゃんの潤む瞳が忘れられません。

私達は、歴史を繋ぐ貴重な役目を負わされていると自負しています。

語り合い、人が人を苦しめあう世の中を皆さんの少しの心がけで
無くしていきましょうね。

介護ブログ 高齢者福祉・介護

にほんブログ村 介護ブログ 高齢者福祉・介護へ

posted by Butoh at 21:39 | Comment(4) | 福祉 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメント失礼致します。

僕らは沖縄ですが、ひめゆり学徒隊だった方々に生の戦争体験談を聞くと身震いがします。
こういう方々と時を共にできることを光栄に思います。
Posted by マエスワンとみっちぃ at 2010年03月19日 22:05
 私の地元は満蒙開拓に行ってきた人の話を伺う時があります。終戦後の逃避行については逃げ足のおそいお年寄りや子どもを置き去りにして逃げ帰った人もいたそうです。そして逃げ切れないと悟ったら自決したりして本国に帰ってきたのはほんのわずかしかいなかったそうです。開拓に行った方やら親戚を送り出した方や帰国後に戦争体験の話に埋もれてしまうのですが、こういうこともあったんだよと後世に伝えないとなと考えます。
Posted by 長野の学生 at 2010年04月08日 21:34
初めて投稿します。 ブログを見て、感動といかに普段自分が、利用者様の側に立ってない介護士かを痛感し泣きそうな僕です。
通常業務や職場の人達の溝で、初心を忘れていました。
これからも拝見させて頂きたいと思いますので、ブログ楽しみにしております。
Posted by 自分嫌いな介護士 at 2010年09月01日 19:51

尺八してもらったけどありゃたまんねーな!!
ジュパジュパ凄い音させながら吸いつかれて、30秒で発射しちまった(笑)
しかもオレ、女にお任せして寝てただけなのに5マソも貰った件wwww
http://kpn988x.jp.takaoka.mobi/
Posted by 吸引力の変わらないただひとつの… at 2011年07月30日 23:25
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。