2009年09月18日

私の老後を私に委ねたい?

 先日、夜、“ふっ”と思いついてしまいました。

 私が、ご利用者になったとしたら、
私みたいな職員に関わってしてもらいたいな…
っと思いました。

さて、日々介護に向かっている皆様、
あなたはどうですか?

どんなご利用者さんであろうと、向かい合ってみると
様々な思いを共有できます。
その、人生の深淵に引き込まれそうになってしまいます。

それは、私たちの思い及ばない険しい人生を、
山谷を、わき目も降らず黙々と超えてこられたことに
力強さを感じ、それでも、今日の日は、
朗らかに過ごしていただいておられることに、更なる力を感じます。

今の私に、皆様のような頑張りができるだろうか?
自分に置き換えてみると、より現実的に想像することができます。

これが、私がご利用者に近づく最初の一歩でしょうか…。

自宅に帰っても、頭から離れません。

結局、時代は変われど、まだ私も頑張れる。
と力を、勇気を頂きます。

そして翌日は、またより深い笑顔でご利用者さんと向かい合えます。

デスクで難しい課題に向かっていても、
職員のよりスキルアップのために渇をいれても、

クルット向きを変え、ご利用者さんのほうを向くとき、
顔は自然と満面笑顔になっています。
(時々、自身のスムーズさに不自然を感じることしばしばですが)

ご利用者さんの笑顔が一番の喜びです。
そのため、「あの方には、こうして差し上げたら…」
なんて考えていることが、私のライフワークになっています。

おばあちゃんに近寄っては、しばし、温かさに元気をもらい、
フロアーを見ては、自分ならこうしたほうが楽なのでは、
なんて、その方になりきって、様々を提案したり。

早い話、お年寄りが大好きなのです。
目の前の大先輩方のように私もなりたいと思っています。

ご利用者皆さんにですが、心からの喜んでいただけるなら
私にできることなら何でもしたい。

戦争こそ経験しては居りませんが、これから○十年が過ぎ、
私たちが介護を受ける時になり、その頃には、
私にも語りつくせない自身の歴史が作られていることでしょう。
もちろん、いいことなんて一握り、多くは、生きることが辛い人生です。

私の過去・現在・未来にまで寄り添ってくれる介護さんが
そばにいてくれ、顔をゆがめると、適切なところにクッション、
(言わずと心を理解してくれる)
高齢と共にふさぎこむ気持ちに、
全てを受け止めてくれる笑顔をくれる。

そんな支援をしているつもりの私自身です。

私、高齢障害者になったら、こんな介護職員に
そばにいてもらいたいと思う。


多少、妄想的なところもあるかもしれない。
しかし、いつも、ご利用者を最優先に、
皆様と向かい合っているつもりです。

私、年寄りになったら、わたしのような人に介護をしてもらいたい!

共感していただける方が、沢山いてくれることを願っています。


介護ブログ 高齢者福祉・介護

にほんブログ村 介護ブログ 高齢者福祉・介護へ

posted by Butoh at 23:27 | Comment(7) | 社長Mutoh | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
深いテーマですね〜。

僕も単純に『自分のような介護さんに
関わってもらいたい!』って思います。
その理由はたくさんありますが…。

きっと『?』な人もまた理由があるのでしょうね。
『人の世話になるなんて嫌だし!考えられないし!』
みたいな。それはそれで分かる気がします。

でも実際に『人の世話にならなければ
生きられない状況になってしまったら…』
を考えると、やっぱり【自分のような介護】
がいたら安心しますよね。僕たちの今してる
介護がそうあるべきだと思います!だって
自分の嫌なことを相手にしてはいけないもん!

Butohさんの思いに便乗して記事を書けたらなぁと
思いました!ありがとうございます!
Posted by たなかいご at 2009年09月21日 00:03
共感していただいてありがとうございます。
『人』という字は、支えてくれる人がいて『人』
という字なのだそうです。
皆さん廻りまわって、順番に…
私は、人のお世話になって、
触れ合いの温かさをいただいて、
「ありがとう」と言って
この世を旅立てたら、と思います。
喜んでいただける、関わりをしたいですよね。
Posted by Butoh at 2009年09月21日 23:30
その人の人生の良し悪しは関わった人で決まる。
それを思うと
残り少ない人生の数年に関わる
私達の仕事は
ものすごく意味深いと思っています。
全身全霊で関わらさせていただこうと
いつも思っています。

Posted by アレルギボーイ at 2009年09月23日 12:47
アレルギボーイさん

ありがとうございます。
そう思って介護に関わってくださっている方が
いるって、嬉しいし心強いです。
介護の仕事は、ただの仕事ではないのです。
「終わりよければ全て良し!」
まさに、その終わりを「良かった」と思って
いただけることができるかどうか、日々の
私達の関わりにかかっているのです。
自分の仕事ですもん、すばらしい誇りを持って
日々の業務をしていたいですよね。
Posted by Butoh at 2009年09月23日 21:32
Butohさん・・・

介護の仕事がまさに天職ですね!

その精神、そのお心遣い、素晴らしいと思います。

介護に携わる人が皆Butohさん精神をどこかに持っていたら・・・

素晴らしいことなんですけどね♪
Posted by ドキンちゃん at 2009年09月25日 10:05
ドキンちゃん

私、この仕事に巡り会えたことに、とても感謝しています。
特に、今の高齢者の方々は、何にも「ありがとう」
といって下さる『心』を持っておられます。
その言葉に、私達は人の温かさや優しさ他沢山の事を教わり、また、自己満足や更なる勇気をいただいているのですが、私たちは、それだけで止まってはならないのです。
私たちの、次の世代に、感謝の心、人の温もりの大切さを伝えていかなければならないと思っています。

まだ、頂いてばかりで、継承まで至っておりません。

Butoh ファイト!です。
Posted by Butoh at 2009年09月25日 21:22
「年とったらこの施設に入りたいよぅ〜。家では、ちょっと熱出たって、家の人は計らないよ…。ここでは、ちょっと熱が高いだけで計るんだもん。ごはんだって、年寄りにはもったいないもの出してる…」「そうだよね〜」「そうだね」


『ええ〜、このままこの考えが変わらないここには、絶対入りたくない。』と心の中でつぶやく私。

お年寄りの心を抑え込んで、命令をしている職員。
どうやら、自分も年をとったら、命令され、心をそまつにされて良いらしい。
それに、同調していていいの?ほかの職員さん。

何とかお年寄りをこの環境から救いたい。
お年寄りの立場に立てる職員を救いたい。(お年寄りから信頼されている職員が非常に働きにくい現状が)

諦めないで、Butouさんはじめここにいる皆さんについていきたいです。

楽しく元気に生きる!をつなげていきたいです。
Posted by トマトサラダ at 2009年10月10日 21:26
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。