2009年09月03日

哲学:その3(初心わするべからず)

全く素人から、気持ちだけで走り出したMutohです。

しかし、走り出して6年。今、様々な研修も受けて素人とは
言えないかも知れません。

専門知識も持ちながら、ご利用者・ご家族と、
いつまでも同じ高さでいたい。

いつまでも忘れたくない初心


そんな私の思うことはいたってシンプル…
しかし。シンプルこそが難しいこの業界なのです。


シンプルとは・・・
今から数十年前 お年寄りが、徐々に機能低下し
おかゆ・おもゆ・最終的には唇を脱脂綿で水分補給・・・
自分の寝床で、家族に囲まれゆっくり瞳をを閉じて、
あの世に旅立つ。

囲む人々は、それぞれに精一杯の感謝の言葉、
絶えない涙、送る言葉を沿えた別れの言葉…

そんな中で、終末を迎えられる方は、最高の幸せだったと思います。
せめて、そんなお手伝いをさせていただきたくて
『すまいる』を運営しているのですが・・・

介護給付費を受け取り、運営させ頂いている
『すまいる』ですので、違法は絶対に致しません。

しかし、まだ、制度の中で私達にも工夫できることがある。

ご本人の気持ちに、ぴったり寄り添い
ご家族のご苦労も自分の体の中に受け止めてみる。
みんなの思いの実現のためなら、バックアップは
何も惜しみません。
職員がご利用者に気付くことがあったなら、
何でも実現してみて欲しい。

いつでもButohに言ってきてください。ご利用者の訴えも、ご家族の気持ちも
もし自分だったら
が基本です。
お一人お一人、また、職員も一人ひとり
時間は巻き戻せません。後悔しない日々を目標に、自己実現をして下さい

計り知れないご家族のご苦労も、ご本人のご労脳も受け止められる
『すまいる』に、成長して惜しいと思って諦めないButohです。

介護ブログ 高齢者福祉・介護

にほんブログ村 介護ブログ 高齢者福祉・介護へ

posted by Butoh at 23:37 | Comment(1) | 社長Mutoh | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
初心って大切ですよね。

この業界で働いているとそのビジョンが
歪んでしまいそうなときがあります。

もしも自分だったら…

この思いを常に自分に問いただして
日々の介護を見つめていけたらと思います!

利用者様。ご家族様の後悔のない人生のために。
Posted by たなかいご at 2009年09月05日 00:02
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。