2009年08月18日

Butohの介護哲学:その1

社長の“哲学”?
私はあるのだろうか…考える。

いつまでも本来の自分を失わず、
“私”を“私”として生活を続けたい、続けて欲しいと
思います。

認知症の進行された方でも、その方の歩んでこられた
それぞれの生活歴を感じられる個性を維持しておられます。

そのお一人お一人の言動に敬意を払わずにいられません。
必ず、過去の生活を想像するに及ぶ、苦労の断片が伺われるからです。

認知症にて一見様々な手続きが分からなくなっておられるからと、
ぞんざいに扱われるのは、大間違いですよ。
ちっ(怒った顔)

子どもとは違い、その人なりの長い人生の歴史は、
確実にご自信の身に培われているのです。

まずは、悲しい思いをそれぞれの心の中にしまいつつ、
現代の豊か過ぎる時代を築いてくれたお一人お一人
なんだということ、我が心の石杖としましょう。

その思いを自分の思いとしてこそ、自己実現を目指し、
介護というお仕事をさせていただけると考えております。

逆説を言うなら、まずこの思いがない人は、介護の仕事に
携る資格がないと言うことではないでしょうか。

私Butohには、夢がありますハートたち(複数ハート)

まず、皆さんに最後まで心を以って添い遂げさせていただきたい
ということ。

次いで、どんなに進行した認知症の方も、その人らしく生活を続けて
いただきたいということ。

勿論、たまたま認知症という障害をお持ちになって沢山の
支援が必要になられた方。

私達専門職は、ノーマライゼーション実現のために日々学習を
深めております。

私の夢は、心あるご家族のためにも、全てを包む家を造りたいのです。

そのためには、私の一方的な考えに留まらず、ご利用者のお人柄も
多岐にわたっておられる様に、様々なアイディアが必要です。

当事業所は、代表の自己実現に留まらず、広く心ある職員のアイディアも
大切な頼りとし、夢を実現していきたいと思います。

結果、ご利用者の痛みを、自身の心にできない職員は要らないのです。
本日の終礼で、排泄が心配なご利用者に、「鍵締めをしないでくださいね」
とお声がけをした、と報告がありました。

皆さん「鍵を閉めないでトイレをご利用下さい」と言われたら、困ってしまいませんか?

私は「NO!」を主張しました。お年寄りと言えども、同じなのです。
まず「自分なら」を忘れないで下さいね黒ハート

私の“哲学”は、仲間と共に!
皆で作り上げる「すまいる」を目指しています。

いくつになられても、年齢を重ねられれば重ねられるほどに個人を尊重したい。

介護ブログ 高齢者福祉・介護

にほんブログ村 介護ブログ 高齢者福祉・介護へ

posted by Butoh at 01:31 | Comment(2) | 介護 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ですよね!

手続きが分からないだけ。できないわけじゃないのです。

僕たち介護は当たり前のことを
『できる』ように支援するお仕事。

僕たちが『できる』可能性を無にしちゃいけません!

お年寄りだから…もう年だから…可哀想だから…
と、人間らしくない生活をさせてどうする!?
最後の最期まで、その人らしさ、人間らしさを
尊重していく介護職、素敵な仕事であるとともに
その重要性と専門性は測り知れません。そのことを
もっと自覚して頑張っていかなきゃですよね!

僕ももっともっと頑張らなきゃです。
その人らしい生活を送っていただきたいから。

Butohさんの哲学、その2以降も楽しみにしてますね!
Posted by たなかいご at 2009年08月18日 15:50
は何もありませんことを维持することがいつまでも、——世界だ。
Posted by Coach shoes at 2011年01月11日 19:20
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。