2009年07月17日

“当たり前”の介護できていますか?

良いサービスを目指し、模索してきました。

でも、ふと気が付くと、“当たり前”のサービスさえできていたのでしょうか?


事業所開設当初から、繰り返し、職員の皆に言い続けてきました。

「言葉遣いには気をつけましょう!!!」

自身の中で、年上の方、目上の方に尊敬語・丁寧語・謙譲語を
使うことは、人対人の関係において、先ず当たり前のことです。

しかし

人生の大先輩、高齢者の方々に平気で“タメ語”を使う
人たちに出会うたびに
私の価値観では、違うでしょう…なぜだろう?になるのです。

とにかく、当事業所では、徹底的に言葉使いには
うるさいButohです。

だって
言葉使いって、人間性が表出して見えませんか?

例えて言うのですが
私は、会社の代表です。
ご利用者に“タメ語”を使う職員も、
私には、皆、丁寧語を使うのです。
なぜ?どうして?

「私より、もっともっと、年上の大先輩ですよ。」
と言うと、職員も納得してくれます。

そんな“当たり前”を、今も日々繰り返している
『すまいる』です。


挨拶から労いの言葉…、言葉遣いに始まり
対応の姿勢は低く
介護の技術は、ご利用者に安楽に
部屋の様子から、お風呂、トイレ…
玄関の鍵閉めなんてとんでもありません(夜間以外)


さて、皆さん
こういう“当たり前”の介護
ができていますか?


良い施設にしたいと、職員の喚起を始めとして、
サービスの向上を目指してきました。

でも、“良いサービス”なんてまだまだ先!
良いサービス”と言うものさえ、今は見えなくなりました。


我が『すまいる』で“当たり前”のサービスが
できているのでしょうか。

一つ一つ皆で振り返りつつ、0地点に立つことを
目標としたここ数日です。

介護ブログ 高齢者福祉・介護

にほんブログ村 介護ブログ 高齢者福祉・介護へ

posted by Butoh at 00:48 | Comment(2) | 介護 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
先日、施設実習に行きましたところ、
施設の方が、利用者さんと、職員のため口について話されていました。

敬語で話されるのが親近感がなくなるから嫌だと仰る利用者さんには、敬語を使わなくていい。
ため口で話せるのは利用者さんと職員で信頼関係が成り立っているから構わない。
ということでした。

私はスマイルさんと同じ考えなんですが、こういう話を聞くと気持ちが揺らぎます。

私はこの件については、
Posted by とし(介護日誌) at 2009年07月17日 13:18
としさん、ありがとうございます★
私も度々、信頼関係があれば…と耳にしますが、私は×!
人それぞれ、考え方は違いますが、では、信頼関係が築けているかどうかって双方正しく確認できるでしょうか?
信頼していただけるように、こちらから心を傾けていくことは言うまでもありませんが、高齢者を敬う気持ちがあれば自ずと丁寧な言葉が出てくると思うのです。
Posted by Butoh at 2009年07月17日 14:26
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。