2009年07月12日

Butohこれでいいのか・その3

『すまいる』の中は、てんやわんやイベント

皆さんが作ってくれた料理、おばあちゃんが持ち寄ってくれた漬物、
参加できない職員が持ってきてくれた料理に、オードブルレストラン

おばあちゃん達の顔が輝いていますぴかぴか(新しい)
さぁーて、初めての、老若男女合同コンパの始まりですバー



「やるんですね?」
A施設を一緒に見学に行った職員が、言った。

「うん」と答えながら、ファイルを手に向かった。

静かな相談室で電話をかけた。
タブーは良くわかっている。
だけど、何事もアタックしてみなければわからない。

電話口のIさんの娘に、
「ご家族の決断に、私が立ち入るべきところではないことは承知の上で
お願いがあって電話をさせていただきました」

「…」

「Iさんに、ここに残って頂きたくてお電話しました」

電話の向こうは、涙声です。
「入所が決まって以来、母を、置いて来なくてはならないと思うと、
眠れない日が続いています…

 今日も、名札付けをしなければならないと思いながら
できないでいました。」

「A施設入所を考え直してもらえないでしょうか?
今日、見学をさせてもらって来ました。
あんなところに突然連れて行かれたら、あっと言う間に
Iさんに人格は崩壊してしまいます。

私からお願いがあります。
このまま、お付き合いをさせてください。」


「でも○○(利用料負担)負担が、もう精一杯なんです。」

「そんなことに、Iさんの人生を替えることはできません。
これは、私からのお願いなんです」


言った!これでいいのだ!
電話の向こうの娘さんは、泣いていた。
ご姉妹と相談して、明日、連絡をくれるとのこと。


そして今日電話をいただいた。
「お願いします。」
二人とも、あっちとこっちの電話口で泣いた。


やったー!


まだ、おぼろな姿しか見えないが
桃源郷”皆さんが安心して住める‐家‐を創ることが、私の夢である。
夢は諦めなかったら、必ずこの手にできる!
自分を大切にできない人が、人を大切にできるはずがない!
自身の心に耳を澄まし、後悔は残したくない!


以上、私の心の杖であるパンチ


昨夜は、むかーしのお姉さま方から、たいへんなおもてなしを受けて
帰宅後、キッチンマットの上で、歯磨きをしながら眠ってしまいました眠い(睡眠)

ka-ne-syonn 054-1.jpgka-ne-syonn 042-2.jpgka-ne-syonn 031-3.jpg

こんな無鉄砲な私を支えてくれる、スタッフのみんな
心から感謝しています
「ありがとう揺れるハート

介護ブログ 高齢者福祉・介護

にほんブログ村 介護ブログ 高齢者福祉・介護へ

posted by Butoh at 21:29 | Comment(5) | 介護 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
私まで、思わずもらい泣きです。fusakoさんのおかげで、おばあさんも家族の方も救われました。ただ仕事としているだけの人、色々?と想いながら何もできない人、そんな人達ばかりに、お世話されてる人が多い(私はそう思ってる)この世の中、よくぞ娘さんに電話してくださいました。どうなるのかが想像できても、あきらめて入所させてしまうつらい想いを、一度に吹き飛ばされた事でしょうね! 精神的にも、お疲れさまでした!
Posted by 菜っぱ at 2009年07月13日 01:15
そうなんです。
今までにも聞いていました。

おじいちゃん、おばあちゃんを、置いてくるのに涙が止まらなかった。家族は、心を痛め、後々も罪悪感にさいなまれている…など。

今回は、私達が踏み込めない家族の領域なのですが…。

菜っぱさんに共感してもらって嬉しいです。
Posted by Butoh at 2009年07月13日 08:19
やりましたね!よくぞやってくれました!

その人がその人らしく生活できる場所。
そんな安心できる場所を作るのが僕たちの役目。

これからも頑張りましょうグッド(上向き矢印)

利用者主体であればタブーなんてないんです!
自分を大切に思い、相手を大切に思い、
その周りにいる人たちも大切に…ほっとした顔

僕も頑張らなきゃって改めて思いました!
素敵な体験談を聞くことができて
光栄です。ありがとうございました!

※携帯アドレスを添付しましたので
今後ともよろしくお願いします!
これからも情報交換しましょうね!
Posted by たなかいご at 2009年07月15日 21:11
はじめてコメントさせて頂きます。
私が見学に出向いた施設は、当にA施設に当てはまる
施設でした、排泄物と体臭の入り混じった臭いが充満し、パジャマのまま表情のない顔をした方達
介護士不在のフロア、正直驚きを隠せず
将来、父を此処には入れたくないと心から思ってしまいました。 
酷い施設ばかりではないと思うのですが
当に同じような施設があるという事実に驚き
そして、房子さんの行動から、自分が見学した施設に抱いた感情は間違っていなかったのだと思えることが出来ました。

色々と悩んでいる現状もあり
これから、ブログ参考にさせていただきますね。

手前勝手なコメントで申し訳ありませんでした

BY異端児?
Posted by 異端児? at 2009年07月24日 22:46
異端児さんはじめまして!

“介護”と言うよりも、人として、「自分なら…」
って、いう感性をいつも忘れたくないですよね。

これからもよろしくお願いします。
Posted by Butoh at 2009年07月29日 20:48
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。