2009年06月29日

“立ちション”どう思いますか?

立ちションは立派な尊厳だと思います。
が…

「座ってしてください」なんて声が聞こえると“カーッ!”ちっ(怒った顔)

すぐに職員を呼び「なんで座ってしなければいけないの?」と噛み付きます。


その昔、私の記憶には、大人の女の人は立って(正確には中腰でしょうか)おしっこをしていました。
それも道端で

大人っぽいぴかぴか(新しい)ような気がして、真似をしてみた(?)いと思ったこともあるような気がします。

様式トイレが一般的になりましたが、豪邸や少し古い家には今も「男用」なんて、トイレが二つある家も珍しくありません。


話を元へ戻すと、男の人は、物心つくころに教えられたり真似をしたりで、
「男は立っておしっこをするものexclamation×2」と、まるでそうでなければ男じゃあないように身に付けてくるのです。
(最近の子育ては、そうとばかりではないようですが…、これは、おかあさんの力が強くなった為と考えますが)

それを、80年のその方の人生を否定して
「座ってしてください」
なんて、私は意義ありです。

便器周りの掃除の手間と、80年の歴史と…もうやだ〜(悲しい顔)

それだけで、その方は「俺は男だ!」とスッキリ爽やかになれるのです。

尊厳という言葉を、こういうときにこそ立ちションに捧げます。

介護ブログ 高齢者福祉・介護

にほんブログ村 介護ブログ 高齢者福祉・介護へ

posted by Butoh at 17:05 | Comment(1) | 介護 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
男性の立ちションを男の尊厳と女性が認めてくださって、涙が出るくらい嬉しいです!もちろん、トイレを汚すということとは別の次元です。
Posted by おきんたまちゃん at 2013年04月08日 01:45
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。