2009年07月02日

いいことあったよ、この指 とーまれ!

昨夜は、すばらしいひと時でしたぴかぴか(新しい)

日々、楽しみに読ませていただいていた「T」さんの人気ブログ。
「そうだ!そうなんだよ!」っていう思いが綴られているのですものね。


介護について理想・思いはあれど、いざ現場での実践するのは難しいバッド(下向き矢印)
ジレンマを抱いている方は少なくないと思います。


「T」さんのブログに共感をしコメントさせていただいたのは、
数日前です。

発展をし、当施設に見学に来てくださり、その後テーブルを囲みビール
熱い思いを語り合うことができました。


彼の一言一言からは、夢に向かう力強さが、澄んだ瞳の輝きから
胸に突き刺さってきますグッド(上向き矢印)

違う人間でありながら思いの共有をできたこと、実感したのは
私だけではなかったと確信しています。


どこの施設でも、日頃問題となっていることは共通項があります。


しかし、その先に繋がるもの、私達が成さなければならない介護とは、
高齢者の尊厳(心から敬う気持ちは大前提、人生の大先輩なのです)
を忘れず、自立(生きている証)を引き出す支援をし、「自分だった
ら?」を基本に、人と人との出会いとかかわりを大切にする。


そんな“シンプル”話題を、大きな目標に、「当たり前が当たり前にできること、それが介護」と
手を繋いで実現していこうと感じあえたと実感しております。


昨夜の出会いを有意義に、介護保険の理念を「高齢者の尊厳と自立」
などと言葉を限定せずとも、生と生
「困っているときはお互い様」
そんな解りやすく、かつ意味の
深い温かい介護保険に提案していくことができたらと、微力ですが
ファイト実感することができました。


共感いただける方、この指とーまれexclamation×2

介護ブログ 高齢者福祉・介護

にほんブログ村 介護ブログ 高齢者福祉・介護へ

posted by Butoh at 23:16 | Comment(5) | いい話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。